子供の証券口座開設

最近は子どもの頃から、お金について勉強させることに抵抗がなくなってきているようです。

それ以前に、未成年が株取引ができるかどうかという疑問があるでしょう。

民法上は、未成年者でも親権者の同意があれば売買契約の締結が可能なため、親の同意があれば株取引はできます。

しかしながら、証券会社が未成年の口座開設を認めていなければ取引はできません。


未成年でも口座開設できる証券会社はかなり少ないのですが、ネット専業証券では可能なところが比較的多くあります。

ネット専業証券8社のうち、未成年でも口座開設ができるのは、SBI証券松井証券マネックス証券ジェット証券の4社です。

なんと、ジェット証券以外の3社の未成年口座の開設は親権者が財産を管理していさえすれば、ゼロ歳児でも口座を持てます。

ただし、口座開設にはSBI証券と松井証券は親権者も口座開設することが条件で、口座開設書類のほかに親権者の同意書または申込書が必要だったり、子供と親で別々の印鑑が必要です。

SBI証券
親権者の口座開設が必要だが、子どもと同時に申し込める。15歳以上なら取引主体を本人にできる

松井証券
先に親権者が口座を開いておく必要がある。その後親権者がネット上で子どもの口座開設を行う

マネックス証券
親権者の口座開設は不要であり、他社に比べて開設までの手間が少ない

(特徴は日経ネットナビから引用)


また、本人名義の銀行口座も開設して、売買代金を本人の口座から振り込まなければなりません。

それから取引できる商品にも制限があり、信用取引や先物、オプションなど借り入れが伴う商品などのハイリスク商品は取引できません。


子供の銀行口座開設についてはこちらで

→
サイト内検索